「ベビー・キッズ・ファミリー(BKF)マーケティング市場セミナー」 参加者募集のご案内


報道関係者各位
「ベビー・キッズ・ファミリー(BKF)市場 マーケティングセミナー」
 ~ これからのファミリー向け販売・マーケティングにおける
インターネットの活用方法 ~ 参加者募集のご案内
 
妊娠・出産・子育てを応援するコミュニティサイト「ベビカム」を運営する 株式会社デジタルブティック(東京都渋谷区・代表取締役 安西正育)では、財団法人母子衛生研究会、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(以下DAC)のご協力のもと、「ベビー・キッズ・ファミリー(BKF)市場マーケティングセミナー」を開催する運びとなりました。
 少子高齢化が進む日本では、妊娠・育児期間における生活が、今大きく変わろうとしています。母親の就労や父親の育児参加の増加と同時に、インターネットからの情報収集、携帯メールによるコミュニケーションなどは、親たちにとって当然のものになりつつあります。今回のセミナーでは、このような環境下でのマーケティングや販売を、どのように捉え考えていけばよいのかを、リサーチの活用を中心に探っていきます。数ある育児サイトのなかでも最大級を誇る「ベビカム」を運営する株式会社デジタルブティックのこれまでの経験とあわせて、母子手帳副読本の発行元でもある財団法人母子衛生研究会、ママたちのリアルな声を反映し、売れる商品を開発した東芝EMIといった企業の方々の具体的なお話もご紹介する予定です。


     
プレスの皆様のご参加、取材等をお待ちしております。 なお、詳細は下記のとおりです。
【 記 】
日時: 12月9日(木)
[セミナー] 午前10時~11時30分
[立食懇親会] 午前11時40分~午後1時
会場:
子どもの城 801~4 研修室
※セミナー終了後、子どもの城 本館2階
「ファミリーラウンジ」に移動
所在地:東京都渋谷区神宮前5-53-1
渋谷駅から徒歩10分 / 表参道駅B2出口より徒歩8分 【地図】
セミナー参加対象者:ベビー・キッズ・ファミリー市場向けに、商品やサービスを提供されている企業の方、広告代理店、雑誌・新聞社等メディア関係の方
定員:100名
お申し込み
方法:
インターネットによる先着順受け付けとさせていただきます。
出席お申込みはこちらから
※なお、希望者が多数の場合は、参加をお断りすることがありますので、その際は、どうぞご容赦ください。
参加費: 

 1.ベビー・キッズ・ファミリー市場の現状
    株式会社デジタルブティック代表取締役 安西正育
    財団法人母子衛生研究会渉外企画部   神谷克也氏
    ・子育ての不安と情報提供
    ・生活の中におけるインターネットの重要性
    ・増加する携帯の役割と携帯サービス例

 2.インターネットを活用したマーケティング事例
    株式会社デジタルブティック取締役 土佐久丸
    東芝EMI株式会社 Strategic Marketing Co.
                ディレクター 児玉洋子氏
    ・「ベビカム」における企業の活用例
    ・売れる商品の開発例 東芝EMI『aile』

 3.インターネットによるマーケティングリサーチ
    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
                  eビジネス本部 部長 豊福直紀氏
    株式会社デジタルブティック
               マーケティングリサーチ担当 高山純人
    ・インターネットリサーチの特徴とその効果的な活用法
    ・BKFダイレクトリサーチのデモンストレーション
                               以上

<お問い合わせ/ご取材申込先>
株式会社デジタルブティック:http://www.digitalboutique.jp
担当:倉本(くらもと)
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-26-18 矢倉ビル5F
TEL:03-5774-1701 / FAX: 03-5774-1705
e-mail

■株式会社デジタルブティック 会社概要
設立:1996年2月20日/ 資本金:1億3,103万円/
事業内容:コミュニティサイトの企画・制作・運営・コンサルティング・妊娠関連冊子の発行等


財団法人母子衛生研究会
年間100万人以上の妊娠中の方々への母子手帳副読本の配布や、教材配布や講
習会を通じて、育児支援活動を実施しています。

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
インターネット広告を中心とする、デジタル広告ビジネスのトータルソリュー
ションサービスを提供しています。デジタルブティック社と業務提携内容につ
いては、こちらをご覧ください。