通販便利BOX

出産・子育てに便利な通信販売カタログを
インターネットで一括請求できるサービスを開始
 
シャディ・フェリシモなどカタログ8誌からスタート、年内に50誌まで拡大予定
 
株式会社デジタルブティック(東京・渋谷、安西正育社長、電話03-5766-9110)が運営する妊娠・出産・子育て中の母親が参加するコミュニティサイト「ベビカム・オンライン
(http://www.babycome.ne.jp/)」が、7月19日より通信販売のカタログを希望に応じて一括請求できる「通販カタログ便利BOX」をスタートします。サービス開始時は5社8誌、年内には50誌のカタログを取り扱う予定です。

通販カタログ便利BOX -出産・子育てに便利なカタログが一度に揃う-
 ■URL:http://www.babycome.ne.jp/online/tsuhan/index.html
 ■オープン:7月19日(木)から
 ■内容:
<カタログ一括請求>
おしゃれな雑貨や子供服でママたちに人気の「フェリシモ」、内祝いのギフトも贈れる「シャディ」、マタニティやギフト、ベビー用具などが揃った「エンジェリーベ」、センスがいいマタニティで定評のある「ウーマンプラス」、赤ちゃんにも安心な有機野菜、無添加食品を販売する「大地を守る会」などの通販カタログを、たった一度の個人データの入力で、一括請求できるシステム。カタログが扱っている商品のカテゴリーが、アイコン表示によりひと目でわかるなどの工夫もされています。
<ベビカム会員限定SALE>
ベビカム・オンラインの会員には、期間限定セールやプレゼントなどの特典を用意しています。
<ベビカムママたちの通販ライフ>(スタート時はなし)
どんな商品が人気か、どれくらいの頻度で通信販売を利用しているか、どれくらいの金額を一回の買い物に使うかなど、ベビカム・オンラインで実施したアンケートをもとにママたちの知りたい、通信販売会社も知りたい情報を掲載予定です。
<通信販売お役立ちDATEBASE>(スタート時はなし)
通信販売を利用する上で知っておくと便利なこと、トラブルがあったときにどうすればよいかなどの情報を掲載予定です。
 
 ベビカム・オンラインで実施した「子育て中の生活」に関するアンケート【2001年3月16~26日までの10日間/回答者549名/約8割(483名)が3歳以下の初めての子どもをもつ育児中の母親】では、外出への実態を調査しています。日常生活で「一度も外出しない日」の頻度を聞いたところ、週に1~2日あると答えた人が最も多く回答者の約半数(231名)に達しました。そして、「子連れで外出するのは大変」、「ベビーカーでも外出しやすい社会環境を」と言った声が多く寄せられました。このアンケート結果から妊娠中や小さな子どもがいるときは、外出の機会が少なく家の中で過ごす時間が多いことがうかがえます。
 そんな時の強い味方が通信販売です。各社から発行されているカタログは内容も多種多様で、生活に必要な物は大抵手に入ります。しかも一度カタログを手に入れれば、外出しなくとも商品の選択から受け取りまでが大きさや重さを問わず可能です。ベビカム・オンラインで実施した「通信販売」に関するアンケート【2001年5月25日~6月4日までの11日間/回答者388名/約7割(294名)が専業主婦】では、「通信販売を利用したことがない人」はわずか3人でした。利用頻度は年1回~3回が最も多く111名(約3割)、次いで年3回~5回86名(約2割)、年7回~10回45名(約1割)でした。年1回という利用者はわずか24名で、1度の利用で終わることなく続けて購入している状況が読みとれます。
 便利で多くの人が利用している通信販売ですが、各企業からカタログを請求するのには少し手間がかかることを、利用したことがある人ならば一度は経験していることでしょう。請求方法はハガキ、電話、オンラインなど多様で、しかも数社のカタログを取り寄せたい場合、そのたびに自身の住所や電話番号等個人データを入力しなければなりません。今回スタートしました「通販カタログ便利BOX」はデータ入力の作業を簡略化し、通信販売をより楽しく、気軽に利用していただくためのサービスとして、今後とも展開していきます。